忍者ブログ

枯木又プロジェクト日記

2012年「大地の芸術祭 越後妻有トリエンナーレ」の開催年
京都精華大学 枯木又プロジェクトも参加します

[PR]

2017/10/24(Tue)14:58

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.|CommentTrackback

もう一つの枯木又分校

2009/09/01(Tue)22:26



今更ですが…

「憧憬の小学校」この作品は実際の校舎の中、体育館に
スケールダウンした分校校舎を宙づりにしたもの
そして実はもう一つ、校舎の裏庭にもあるのです。

プールの前に、ほら
こちらは 1/50 サイズでブロンズ製
素材とサイズが変わると存在感が違います。

大きな声でアナウンスしてはいないので
気がつかない方も多いかと思っていたら
ちゃんと観ている人もいらっしゃいました。

このトリエンナーレでは
多くの廃校や空家が作品展示の場となって
再生されています。
大抵は内に入る、家に入る作品
でも、ちょっとぐるりと回って
外から眺めて見ると
感じ方が随分変わってくるものです。
それは、経年変化でどっかり胡座をかいていたり
大地に根ざしていたり
暮らしや営みを支えていた風貌が凛々しく
誇らしげにみえてきます。

美術館では得られないアート体験
それがここの面白さでしょう。
会期終了まであと12日
枯木又は秋の気配です。

オウジ


PR

No.49|=2009=吉野央子  「憧憬の小学校」 Comment(0)Trackback(0)

Comment

Comment Thanks★

Name

Title

Mail

URL



Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 

Trackback

URL :